人気ブログランキング |

<   2014年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

おいしいもの

卒業記念 第2弾 おいしいものを食べにいこっ!

「何が食べたい?」と息子に聞くと、
「お肉、ステーキ」即座に答える!

ネットで探しまわって決めたのがここ。
f0147922_836878.jpg

京都河原町にある、ワインバー(カテゴリーがわからないけど)。
席数は10席、スタンディングが2、3人くらいの、すべてに手が届くような小さな店内。
2階にあり大きな窓がひとつ、そこからは大きな街路樹と通りが見えるため、狭い空間だけど気持ちがいい。
オレンジ色に塗られた壁に小さな額がいくつか飾られ、フランスの香り漂う空間。
ご夫婦でされているお店です。

前菜はブッラータとトマト
(モッツァレラとクリームが一緒になって、中が溶けるような感じのチーズ)フレッシュトマトとよく合う。
f0147922_835491.jpg

自家製パテと大根のビネガー漬け
f0147922_8355898.jpg

パンと一緒に食べると更においしい!
大根がさっぱりしていてちょうどいい漬け具合。

どれもワインが欲しくなるお料理!
一皿の量は、3人で食べても多いくらいたっぷりあります。

メインの熟成肉。
北海道産 or 山形牛 サーロイン or ロース肉
「どれにしますか?」と銀紙に包まれた固まりお肉に、上記とグラム数が書かれているのを見せてもらえます。
どのくらい食べられるのかわからなかったので3人分で600gの固まりを選びました!
f0147922_8353886.jpg

表面だけ岩塩のみでカリカリに焼かれ、中身は熟成したお肉らしい赤みです。
f0147922_8352791.jpg

香ばしい表面とともに、とっても柔らかくてお肉の味がじゅわーっと口の中にひろがります!
ステーキとは全く違うお肉の味わいです。
おいしかった〜!
つけあわせのポテトフライもおいしくてバクバクいけちゃいます!

600gで9切れにカットされていて3人で分けましたが、
息子と私は2切れ食べるだけでおなかいっぱい!
600gだと3人では多かったかな?
f0147922_8353037.jpg

最後にエスプレッソを飲んで、3人とも大満足でした!
せまい店内を和やかな雰囲気(ご夫婦のお人柄もあり)で包まれていて居心地のいい空間です。

車で行ったので炭酸水で乾杯。ワインを飲めなかったのが残念でした。
また食べに行きたいな!



快適な住宅を建てたいと思ったらこちらへ
by matu-cafe | 2014-03-26 08:50 | おでかけ | Comments(0)

朝練

家族の朝練は息子が小学校卒業まで続けようというのが大きな目標のひとつであったがクリアできた!約2.8kmのランニングと簡単なリズム体操やらを組み合わせたものが大まかな内容。
途中から縄跳びを加え、これも回数を少しずつ増やして目標としていた1000回を卒業1週間前より取り組むことができた。
運動が得意ではない息子(私も)と、毎日休み関係なく早起きをして続けられたことが一番の収穫、3人とも頑張ったなあと思う。
これも息子にとって家族の思い出として残ってくれればいいな(勝手な親の思いだけどね)。
中学入学まで続けるつもり!その後はまた考えよう!

朝練したときの、息子用朝食(自分記録用)
f0147922_18183175.jpg

鮭おにぎり、みそ汁、ほうれん草、きんぴら牛蒡、伊予柑
f0147922_1818224.jpg

じゃこご飯、みそ汁、牛蒡煮、サラダ、リンゴ、伊予柑
f0147922_1813918.jpg

ご飯、みそ汁、ポテトサラダ、揚げ物(サツマイモ、かき揚げ)リンゴ(食べ終わった後!)
f0147922_1813053.jpg

鮭おにぎり、みそ汁、ミニトマト、サラダ、野菜炒め、リンゴ
f0147922_18125165.jpg

オムライス(ミートソースのっけ)、サラダ、ミニトマト、りんご
f0147922_18124026.jpg

ご飯、みそ汁、サラダ、ミニトマト、ほうれん草、揚げ物(オニオンリング、蓮根)ミニシュークリーム、苺
by matu-cafe | 2014-03-25 19:13 | お弁当 | Comments(0)

ことば

f0147922_1136578.jpg

息子の卒業式前日の夜中に、風船をふくらませて部屋を飾り、お花も隠しておいたものをテーブルに。
f0147922_11362188.jpg

f0147922_11355326.jpg

リクエストされていたザッハケーキとシュークリームを作り終えた。
入学式からの息子の写真を見続け、いろんな思いがいっぱいになる夜中となった。
f0147922_1133472.jpg

当日は冷たい雨の中、卒業式、謝恩会と続いて、バタバタと催しイベントが終わり夜となる。
夕飯はリクエスト通り、お肉いっぱいのミートソーススパゲティ、そしてデザート。
f0147922_1135840.jpg

f0147922_11345483.jpg

f0147922_11343861.jpg

↑これはお酒入りアプリコットジャムを挟んでいるので大人用!
f0147922_11342673.jpg

息子の6年間は波瀾万丈、どんな思いが心に残ったかなあ。
その日の夜中に、分厚い卒業文集(アルバムは数ヶ月先)を読みながらそんな思いにふける。
f0147922_11334775.jpg

すやすや寝ている息子の顔は成長し男の子らしくなってきた。
でも母親の目線では、生まれたての赤ちゃんの頃の面影がまだまだ重なるよ…

卒業おめでとう
そしていっぱいいっぱい、ありがとうね
by matu-cafe | 2014-03-25 11:47 | 日々のこと | Comments(0)

サイクリング

卒業記念 第一弾「しまなみ海道 サイクリング」

小学校を卒業する息子と、家族で何か思い出に残るイベントをいくつか考え第一弾はこれに決定!
初の長距離サイクリングをトライした家族の記録です!

しまなみ海道は、広島の尾道から四国愛媛の今治市を6つの橋が島々を結んでいます。
その海峡を横断する自転車道(瀬戸内海横断自転車道)があります。
片道約73キロの距離を自転車で走る行程です(いろんなコースがある中で一番ノーマルなコースをチョイス)。

初挑戦ということで約73キロという距離感がつかめず、息子よりも親の体力があるのか、走破できるのか心配で、途中リタイヤしたらどうやって帰ろうか等と検索していたりしていました。
いろんなブログなどを読んでいくうちに、面白そう、楽しそうというワクワク感がむくむくわいてきて、「途中リタイヤなど考えず、時間内に絶対に走破する!」という気持ちに変わりました。
レンタサイクル開始時間8:30から返却時間17:00前までに完走して16:58今治駅発しまなみライナーバスに乗る、ということを家族の目標としました!
ということで、このような行程にしました。
尾道市民センター駐車場に車を置き、レンタサイクルし、サイクリングスタート

愛媛県の今治駅 ゴール レンタサイクル返却

今治駅からしまなみライナーバス(因島で路線バス乗り換え)にて尾道市民センターに戻る

当日、向島尾道市民センターに8時30分(オープン時間)に到着。篠山から車で約3時間の道のりです。
ここで自転車を選んでレンタルします。今治まで行けば乗り捨てできるので片道でオーケー。
家族で選んだのは同じメーカーのクロスバイク(息子も同じサイズでオーケーだった!)に決定。
ママチャリでは重いため体力的に難しいと考え、クロスバイクに挑戦です。
とても軽くてこぎやすい。タイヤに空気を入れたりとチェック。
f0147922_2131243.jpg

9時22分スタート。
近くのコンビニで「しまなみサイクリングクーポン」を購入。
6つの橋を渡るのに自転車は通行料がかかります。このクーポンだと割安です。
ちなみに歩行者は無料です。
f0147922_21303346.jpg

自転車道は整備されている島と、整備されていなくて車道を走る箇所(島)があるので注意が必要です。
ブルーのライン(道路)に従って走れば迷うことはないとのことだったのですが、最初の向島はブルーラインが途切れたりするため、因島大橋にたどり着くまでに走りはじめとあって、不安になって何度も立ち止まって地図を見たり、迷ってしまいました。
因島大橋が見えてきました(↑)。最初に渡る橋です。
橋までの高さ(約50m)になるまで上らなければなりません。
橋に近くなると、自転車原付バイクそれぞれの専用道路が設けられており、そこをぐるぐるとまわりながら橋の高さまで上って行きます。
毎回これがきつい!因島大橋は2番目にきつかった。
f0147922_21302650.jpg

因島大橋(橋の全長1270m)は吊り橋です。上部が自動車専用道路で、この部分(下部)が歩行者と自転車原付バイクの専用道路になっています。
車で通ると真っ平らに見える道路も、自転車で走ってみると、橋の中央に向かって少し高く勾配がつけられているのがわかります。
下の海をみると、あまりの高さに怖い!でもこの橋は柵に囲われているのでまだましでした。
f0147922_21301785.jpg

因島に渡るとすぐに、はっさく大福で有名な「はっさく屋」があります。
前回車で行った際は売り切れていたので、今回は朝早かったので買うことができました!
この小さな大福の中に、本物はっさくの大きい一房がそのまま入っていて、なんとも爽やかなおいしさで、これはおいしい!日持ちしないのが残念です。ここでの休憩18分。
f0147922_2130746.jpg

↑はっさく屋からの因島大橋、きれいです。橋を渡りきったところに自転車をおき、はっさく屋まで急な階段を降りていく際、脚ががくがくしていることに笑っちゃいました!
f0147922_21292622.jpg

しまなみ海道サイクリングは橋を渡るということに目線がいってしまい、走るイメージが平らな印象が強くなりがちだったり、橋と橋を渡るだけというイメージを持ちやすいですが違うのです!
サイクリングロードは本州と四国を渡る自動車道路を走りません(橋以外)。
島の海沿いをぐるっと走ったり、島の中央の峠越えをしたりと、サイクリングを楽しめるような(!?)行程となっています!
島内は島というだけあって、アップダウンがあります。なだらかな上りや急な上りもきつい!
f0147922_2129688.jpg

↑次の生口橋(橋の全長790m)がみえてきました。
f0147922_21284288.jpg

↑このように、自動車と自転車の道路が隔てられているので安全です。
海沿いを走っていくと、お楽しみのジェラート屋「ドルチェ瀬戸田本店」があります。
f0147922_2128281.jpg

サイクリングしている人も車の人も引き寄せられるようにみんな入ってきます!
デコみかん(デコポン)がさっぱりしていておいしかった!ここでの休憩16分。
f0147922_21281294.jpg

瀬戸田のレモンがたくさんなっていました。
f0147922_21274537.jpg

大三島に渡る多々羅大橋(橋の全長1480m)です。とてもきれいな橋です。
このときお天気がくるくる変化し、雪が一瞬降ったり雨が降ったりしていました。
この日は朝方まで雨が降っていました。予報どおり出発するときは晴れていたけど、雨雲がまだ残っている感じもあり、不安定な天候でした。
ダウンジャケットを着てちょうどよく、上り坂になると汗ばむといった気温でした。
f0147922_212721100.jpg

↑この風景をみながら、お昼をささっと食べ終えてすぐに出発(ここでのお昼休憩11分)!
f0147922_21263689.jpg

この橋は大三島橋(橋の全長328m)で一番短い橋です。これで伯方島に渡ります。
f0147922_21262963.jpg

↑写真だと緩やかな上りにしかみえないけど、これがきっついのです!
そのかわり、橋を渡りきって橋の高さ分を降りる際の爽快感はたまりません!
ただ、下りの方がスピードがでる分、危険なため、注意が必要です。
f0147922_21261566.jpg

伯方大島大橋(橋の長さ1165m)がみえてきました。
f0147922_21254537.jpg

f0147922_2125252.jpg

さあ、大島に渡りました。
ここは島内の距離が長く、きつい峠越えがふたつあります。
一つ目がこれ。長い長い上り坂がずっと続きます。根性で上っていたけど、途中ここでは少し降りてしまいました。
息子は常時3人の真ん中で走っていましたが、上り部分になると全行程にわたり、
上りはすべて降りることなく先頭を走り、スピードがゆっくりになる親を待ってくれていました!
f0147922_2125445.jpg

このようにブルーラインが目印です。
f0147922_2124458.jpg

たまにでてくるこの標示、今治を目指します!
大島ではふたつの峠越えしたところでさすがに疲れ、4分休憩。
f0147922_21242622.jpg

最後の橋、来島海峡大橋(橋の長さ4105m)が見えてきました。
4キロを超える橋の長さと、海面から80mという高さの橋です。
車両も50k規制がかかるほどの強風でした。
f0147922_21241086.jpg

橋の高さまで、このようにぐるぐると専用道路を上っていきます。
6つの中で一番橋の高さがあるため、上りきるのに一番きつかった。
f0147922_21235131.jpg

橋の上は、ものすごい強風で自転車ごと流されそう(飛ばされる)になるのをぐっとこらえながら走ります。
高さと強風への恐怖を感じながら、この素晴らしい風景を見なくては!
と、なんどか立ち止まり写真を撮るのですが強風のため長くは立ち止まれないほどです。
f0147922_21233924.jpg

やっと長い長い橋を渡りきり、またぐるぐると回りながら降りていきます。
愛媛県今治市です!今治はタオルと造船の町と書かれてある通り、造船所がみえます。
f0147922_21232887.jpg

f0147922_21231136.jpg

なかなか見る事ができない風景に、息子も大喜び!

ここから今治駅のレンタサイクル所(返却)まで残り約7キロ。
最後の橋を渡りきり四国に渡ったという気持ち、タイムリミットに間に合いそうというような安心感からか、疲労がどっと押し寄せてくる感じで、あと少しが長かった。
そして16時30分、自転車を返却して終了!
足の疲労よりも、クロスバイクの前傾姿勢に慣れていないためか、肩と首のこりの方がつらかったです。

今治駅から高速バスでスタート地点の駐車場にもどります。
目標としていたバス(1時間に1本)に乗ることができました。

走行距離は約73キロ。約6時間19分(走っている時間)+49分(休憩合計)のタイムでした。
私たち家族の初チャレンジとしてはいいタイムだったかな。

息子は全行程、一番元気に、上り坂も降りることなく、すべて走りきり、
とても頼もしく、成長を感じることができた1日でした!

6つのいろんな橋を渡る、島々を走り、美しい瀬戸内海を見ながらのサイクリングは最高でした!
by matu-cafe | 2014-03-25 06:32 | 2014 しまなみ海道 cycling | Comments(0)

聴竹居

聴竹居(建築家 藤井厚二)

昨年の紅葉がきれいな時期に予約を入れ見学した聴竹居です。

京都 山崎駅を降り、線路を渡ると、そこから上り坂になる。
そのまま登ると大山崎山荘美術館、左側に登っていくと聴竹居。
f0147922_1926457.jpg

このあたり一帯の紅葉は見事だ。
f0147922_19255050.jpg

紅葉が見事ということは落ち葉もすごいということで、この日も風とともにたくさん落ちる枯れ葉を住人が丁寧に掃いていた。
掃いているそばから上から、はらはらと舞い落ちる落ち葉。
立派に育った樹木がおいしげる中に立派な住宅が並ぶこの落ち着いた界隈は、その住人たちがこの木々を大切に、ともに暮らしているのだろうと想像できる。
f0147922_19264618.jpg

聴竹居は1928年(昭和3年)に建てられた藤井氏の実験住宅(自邸)。
立地条件に合う自然エネルギーを使った快適な住宅とは…と自邸を5棟(これが5棟目)建てている。
実験してデータをとり、それを生かした合理的な結論をもってくるという。
藤井氏はこの地を1万2000坪購入している。
1928年というと今から86年も前に、自然のエネルギーを生かした住宅を設計しようと実験していた建築家。

予約時間より早めに到着したため、まだ前の時間の見学が終わるまで庭で待たせてもらった。
見学者は私たちの回も30人くらいで人気の高さが伺える。
以前、NHKで放映されたこともあったり、皇室の方々も見学に訪れたとのことです。
そのときのエピソードなども聞かせてもらいました。
見学にはガイドの方が1時間みっちりと詳しく説明をしてくれます。
(写真は事前に許可が必要。許可された撮影でも室内はネット掲載不可)

設計、施工、デザインなど全てにおいて「きっちり、かっちり、整っている」というのが素人の自分の率直な感想。
建ててから約86年もたっているのに、くるいや歪みがないそうです。
大工さんもすごい腕の持ち主、プライドのある仕事をしていたことがうかがえます。

キッチンからダイニングにかけての使い勝手はよく考えているなあという感想。
5棟目というのと、家族の関係性や暮らし方も年齢を重ねれば独自のスタイルが確立されてくるから、ここでもきっちりと計算されたアイディアがいっぱいある。

子どもたちの勉強机と父(藤井氏)の机がコの字型になった狭い部屋は、棚、机など作り付けで全てぴったりと収まるようになっている。
全体はきれいにまとまっている。
そういうきっちり感は今の自分はいやじゃない、でも自分が子どもだったら、違う感想(あまり好みではない)を持った気がする!
子どもたちはあまりその部屋を使わなかったらしいとのことです(ガイドさん談)。

家のすべてにアイディアがあふれ、それを探すのが面白く、楽しく、驚いたり、よくつくったなーなど、見学していて楽しいです。
家全体の印象としては、住まいとしての落ち着いた、くつろぐ居場所が自分には見つからなかったので、やはり実験住宅というのがあてはまるかな。

立地条件、気候、樹木、自然環境を考え、住まいやすくするといった発想と、着実にそれを研究し実践していくといったところは、素晴らしいです。
また、その家を残しきれいに保存し見学させてくれるこの環境や人々も素晴らしいです。
ガイドさんも説明がとても上手で聞いていて飽きないし、何よりこの家をとても大事に誇りに思っていることがすみずみに感じられ、更にこの家を魅力的にみせてくれます。


近隣の大山崎山荘の素晴らしい庭園と一緒に、おすすめです。





快適な住宅を建てたいと思ったらこちらへ
by matu-cafe | 2014-03-17 19:36 | 建築めぐり | Comments(0)

そろそろ春?

家族の朝練は寒い冬をどうやら越すことができたかなと思ったら、
先日は冬に逆戻りしたような朝だった。
おそらく雪模様の朝はこれでおしまい(!)で春になると願い、
初めてデジカメを持って朝練へ。
f0147922_9142415.jpg

雪が残っているので陽が昇る前だけど薄明るい、雪はたまにちらつく。
f0147922_9141497.jpg

なんとなく太陽の光を感じ始め山々が見え始める。
f0147922_9141537.jpg

太陽!
f0147922_914385.jpg

この時間で太陽がここまでのぼるのをみると春を感じる。
f0147922_9133891.jpg

ここ特有の濃霧のため空気中の水分が多く、走っていると特に前髪が濡れてくる(全身も)。
そして気温が(この日はマイナス5度)低いと、濡れた前髪が凍って白髪のように真っ白くなる。
わんちゃんもこのように体のところどころが凍って白くなる。
縄跳びはよく切れてしまうようになった。
普通飛びは900回まで続けられるようになった息子、目標までがんばれ!
走った後の縄跳び練習、私の体力だと今は200回と二重飛び6回が限界、もうへとへと。
それでも当初は100回で二重飛び2回だったことを考えれば、亀の歩みの自分も少しは体力ついているのかな。

息子用朝食(自分記録用)
f0147922_9131126.jpg

ご飯、みそ汁、鰯の生姜煮、牛蒡、サラダ、ほうれん草、きんぴら牛蒡、伊予柑
f0147922_9125998.jpg

バンズパンサンド(照焼きチキン、卵焼き、玉葱ソテー、キャベツ、レバー)みそ汁、サラダ、ほうれん草、りんご
f0147922_9124357.jpg

じゃこご飯、みそ汁、きんぴら牛蒡、ほうれん草、ポテトサラダ、りんご
f0147922_9123410.jpg

ネギ味噌おにぎり、みそ汁、ポテトサラダ、小松菜炒め
f0147922_9122390.jpg

ご飯、みそ汁、ポーク玉葱ソテー、小松菜卵炒め、キュウリ人参サラダ、伊予柑
by matu-cafe | 2014-03-12 09:50 | お弁当 | Comments(0)

整理

息子用朝食(自分記録用)
たまってしまった写真を整理!

f0147922_864213.jpg

チキントマト煮込みとご飯、小松菜じゃこ炒め、人参サラダ、りんご
f0147922_863133.jpg

五目おこわ、ボイル野菜サラダ、チーズマカロニ、りんご
f0147922_862276.jpg

ご飯、みそ汁、鯵甘酢あえ、キャベツかぼちゃ、伊予柑、苺
f0147922_861242.jpg

五目寿司ご飯、野菜炒め(じゃこ)、キャベツ、かぼちゃ、ゆで卵、伊予柑、苺
f0147922_86196.jpg

ご飯、マカロニ野菜、サツマイモとネギのバターソテー、切干し大根煮、伊予柑
f0147922_874929.jpg

ご飯、みそ汁、おからバーグ、ポークソテー、人参サラダ、豆腐、りんご
f0147922_874235.jpg

オムライス、みそ汁、野菜炒め(じゃこ)、人参サラダ、りんご
f0147922_855192.jpg

じゃこご飯、みそ汁、おから餃子、蒟蒻炒め、キャベツ、おからケーキ
by matu-cafe | 2014-03-12 08:35 | お弁当 | Comments(0)

風景

f0147922_18583812.jpg

習い事での送迎サイクリング。
川沿いには桜並木が続いていて、桜の咲く頃は見事です。
このあたりだけではなく、篠山市近隣では川沿いは桜並木になっているので、ドライブも楽しい。
その桜もまだ寒くてつぼみは堅く小さく、春を待っている状態。

帰り道で、この夕焼け(太陽は既に山の向こう側)と出逢う。
冬は暗がりの中を自転車送迎だけど、陽が少しずつながくなり、ここまで明るくなってきた。
このきれいで美しい風景を見ながら感じながらの、
寒風吹きすさぶ真冬サイクリングもあと少し、春が待ち遠しい!

もうすぐ春が来るのかなと感じつつ、冬のお決まりきまぐれお天気雪が降ったり。
f0147922_18582487.jpg

今朝は朝練の準備をしていざ行こうというとき、雪がじゃんじゃん降っていてびっくりとがっかり。
既に積もっていたので夜から降っていたようです。
結局、室内で朝練に変更。1日中、雪の日だった。

3月という月は、仕事では年度末だったり、学生では卒業卒園、その他いろんな節目であり、それぞれが忙しい時期。
あっという間に日々が過ぎていくので、じっくりと考えたいことも多いのに時間がうまく使いこなせなくて、あせっています。






快適な住宅を建てたいと思ったらこちらへ
by matu-cafe | 2014-03-10 19:22 | 篠山からの便り | Comments(0)

2種類

先日のおやつ
生おからを念入りに煎ったものを入れて、2種類のケーキを作ってみた。
f0147922_1842390.jpg

手前がコーヒーを入れてモカ味、向こう側がプレーン。
f0147922_18414479.jpg

(バターのかわりに出来る限り少なくしたoil、卵、強力粉、米粉、BP、砂糖、おから)
おからが香ばしく素朴な味わいで満足!
モカ味が好みかな。
by matu-cafe | 2014-03-10 18:55 | うちのおやつ | Comments(0)

唐招提寺

唐招提寺 律宗総本山 奈良市

リーフレットのセンスが抜群です。
f0147922_15122833.jpg

表紙の色味、デザイン、紙質、写真、
1枚を三つ折りにした中に唐招提寺の魅力を凝縮し、
内容も過不足なく、読みやすい文、量にまとめられており、
文字のフォント、大きさ、色もお見事!
今までいろんなところを見学し、もらったリーフレットやフライヤーの中では、秀逸していると感じます!

平日の9時30分頃、唐招提寺の駐車場に入ると、まだ駐車場はがらんとしていた。
南大門をくぐると、真っ正面で唐招提寺金堂(国宝)が出迎えてくれる。
f0147922_15125760.jpg

「美しい建物」という言葉がぴったりとあてはまる。
大きな屋根を8本の力強い柱で支えているそのバランスが素晴らしい。
巨大な権力の力を見せつけるようなきらびやかさではなく、圧倒されるようなものでもない。
屋根の反り具合がほんのり反っているところや、全体を包みこむ大きな屋根の美しさ、
柱は太いけど横材の細さが全体を重くせず軽くみせて、建物に優しさと安心を感じる。
全体のバランスがわかる正面からこの金堂と向き合っていると、飽きることができない、目をうばわれる。
f0147922_15131368.jpg

まっすぐに伸びた広い参道の玉砂利を歩いて近づいていくと、更に金堂の大きさ、柱が太く力強さを実感できる。

講堂(国宝)
f0147922_1514870.jpg

唐招提寺、最初に建てられたのはこの講堂。
平城宮東朝集殿が移築され造り直され、修繕をほどこされているため、元々の姿ではないとのこと。
落ち着いたたたずまいをしている。

礼堂東室(重要文化財)
f0147922_1514680.jpg

南北に長い建物です。講堂金堂を中心として反対の西側にも西室があったとのこと。
西室跡では発掘調査をされている最中でした。

鑑真和上座像は、以前東京で鑑真展が催された際に、実物を拝見している。
教科書に載っていた写真そのもので、優しい静かなイメージどおりだったのを記憶している。
今回改めて鑑真のことをネットで読んでみると、極めて大変なことを乗り越えて来日されたことを思い起こしました。
意思の強さと強靭な心、貫く、ぶれない心に惹かれます。

8世紀後半の奈良時代、唐の大陸の香り漂う建物が青空に映えていました。

すてきな、おすすめの場所です!
朝の早い時間だったからか、この時期だからか、観光客も少なくゆっくりと静かに見学できました。
帰りは駐車場にもどると、さすがに観光バスも自家用車も増えていました。
早めの時間がいいかもしれません。




快適な住宅を建てたいと思ったらこちらへ
by matu-cafe | 2014-03-05 15:23 | 建築めぐり | Comments(0)