カテゴリ:マイホーム( 13 )

14年経った床、14年分の傷もたくさんあり、更に愛おしい床になっています。
床はパイン。 リビングのみカシュー(黒)を塗っています。
(リビング以外は塗らず木の色そのまま)

いつも居る(座る)箇所、通る箇所などが擦れて色が薄くなっていたので、
夫が、プラネットカラー ウッドコートを塗ってくれました。
f0147922_19373101.jpg




おまけの写真。
土間から見つめるわんちゃん。
最近、おなか周りがどっしりしてきた感じで
ちょっとダイエット必要じゃない?
でも食べること大好きなんだよね!
少しずつ年を感じるようになったかな。

外から帰って来て玄関のドアをあけた瞬間、
しっぽをふってお迎えにきてくれます。

f0147922_19372782.jpg













[PR]
by matu-cafe | 2017-05-13 19:29 | マイホーム | Comments(0)

障子

息子の、年2回のテスト直前の休日、一応(!?)教科書などを見つめる息子の横で、
障子張り替えをしました!
f0147922_21504269.jpg

f0147922_21503532.jpg

障子の枚数が多いので大変だけど、張り替え後は空気感もなんとなくパリっとする気がして、
気持ちのいい空間になるので、やりがいはあります。
f0147922_21502636.jpg


休日、テスト勉強をしている息子は常時マイペースなので、こちらは気になってしょうがない!
これじゃいかんと、ちょっと走ってこようと思い立ち、2回目の一人夜ランへ。
涼しい夜風が気持ちよく調子に乗って、初めて5.6km走ってしまった。

膝がこわかったのだけどその後も大丈夫でホッとしているところ。

朝練を初めて11ヶ月目に突入。
最初は50mも走れず、二人の走る後ろ姿を見ながら、走れなくなったら歩いたりの繰り返しだった頃に比べたら、少しずつだけど走れるようになってきたかな。

たまになら、どのくらい走れるのか試してみるのも気分転換にいいかな。
[PR]
by matu-cafe | 2014-09-09 22:25 | マイホーム | Comments(0)

オーブン 考

IHクッキングヒーターからガスに変更、電子レンジオーブンからガスオーブンに変更して6年経過しました。
ガゲナウの(2つ口ガスコンロ、1つ口ガスハイカロリーバーナー)ハイカロリーバーナーは火力も申し分なく、大きな鍋フライパンから小さいものまで使えるところが好きです。

3口あると余裕ができるところもよかったところだけど、ただ、3口同時使用することは常時ではなかったかな。
グリルはもともとうちでは使用しないので、つけていませんでした。
理由はグリル内を自分がきれいに保てないだろうということ。
魚などを焼いた後、トレイはきれいにできるけど、コンログリルの奥内まではなかなかきれいにしづらいところが気になってしまって。
ということで、魚はゴトクの上で網で焼いていました。
理由が理由なのでグリル付きでなかったことに不便はありませんでした。

篠山生活でもガスコンロで、こちらはいわゆる普通の2口です。
さすがにガゲナウの火力を恋しくなります。
でもそれ以外で不便はないかな。3口が2口になったことも全く問題なし。
なければないで、済んでしまうことも…いろんな意味で考え深いです。

ただ、現在はガスオーブンがないことにとても不便さを感じています。
篠山では電子レンジオーブンを新しく買い替え、6年ぶりに使用しています。
オーブン機能は、やはりガスオーブンが使いやすいというのが私の率直な実感です。
ガスオーブンのたちあがりの早さ、火力の強さは改めてすごいと感じています。
解凍したり、また300度での高温で一気に焼き目をつけたりと、毎日のように使っていたガスオーブン。
やはり篠山に使い慣れたガスオーブンを持ってこようかと考えてしまうこの頃です。
f0147922_15225986.jpg

電子レンジオーブンで最高温度250度で上段でピザ、下段でジャガイモに焼き目をつけているところ。
[PR]
by matu-cafe | 2012-04-12 15:24 | マイホーム | Comments(0)

うちの子ども部屋

家族も子どもと一緒に成長したり、新しい趣味をもったり、好みが変化していく…可能性があります。
いろいろと考えた中で、うちの子ども部屋のあり方は…
子ども用の部屋という、最初から用途を決めたり、仕切ってあるものではなく、オープンスペース(部屋ではない)を設けました。
その広さは?
広くない我が家、その中で家族にとって何が一番大切か。
うちはダイニングリビングを居心地良く、くつろげる、家族が自然とそこに集まる…家族で一番大切な場所としました。
広ければいいのではなく、そのくつろげる空間を作るにはどのくらいのスペースが家族に丁度いいのか。
あと必要なのは寝室ひとつ。部屋はその寝室しかありません。
そして上記のオープンスペースのみ。

オープンスペースを考える際、家全体からみるその広さの割合がどのくらいか。広すぎないか等。
いろいろ考えた中で、うちは将来子どもが寝ることができる空間があればよい、なので狭くてオーケーという思いになりました。
そんなオープンスペースを作りました。

現在は、まだオープンスペースのまま。
まだ部屋は必要としていないため、リビングの一角に文机(夫作成)二つを置き、そこに勉強道具などを置いています。
絵本や本などは、土間の大きい作り付けの壁本棚に家族全員の本があるので、子どもの本や絵本もそこに一緒です。
勉強はほとんどダイニングテーブル(床座)で、たまに文机です。
本を読んだり、大きい絵を書いたりするのも、遊んだりするのも、全部リビングダイニングの床やテーブル。
寝る際もまだ親子一緒です。

成長し、寝る部屋が必要となったら、子どもと相談し、子どもと一緒に部屋を考えていきたいと思っています。
オープンスペースが洗面所に行く動線上にあるので、例えば仕切りが欲しい(仕切りがなければ丸見えのオープンスペースなので)、ベッドが欲しい、仕切りはカーテンがいいとか…棚を作るとか…

親子で設計して、作ったり、組み立てたりしながらスペースを作ることになります。
その後また成長し、今度は子ども自身が自分で考えて作り直したりすることになるでしょう。

そういう過程も面白いのではと考えました。

子どもが成長し自立したら、そのスペースはまた変化していくかもしれません。またはそのままにしておくかもしれません。

子どもの成長による変化、家族のあり方、考え方の変化に対応できるように、子ども部屋はもちろん家全体を最初に作りすぎないようにしようと考えました。
[PR]
by matu-cafe | 2011-03-07 14:22 | マイホーム | Comments(0)

秋の黄色つながり…

秋になり、生活くらぶより、毎週かぼちゃ1個が届きます(つい注文しちゃう…)。
今回はがんばってまるごと1個をかぼちゃスープに!
細かく包丁で切りまくっていたら…
次の日なんと右手人差し指に小さいまめ発見…そこまで?!…。
豆乳と塩と、ちょこっとお水にちょっぴりたらりの醤油で「かぼちゃスープ」
がんばった成果!秋の食の黄色!
f0147922_13221068.jpg

秋の庭の黄色はというと…
一番手は「みかん」
今年は豊作だ! 木が折れそうなくらいなっています。
f0147922_13234923.jpg

キンモクセイの香りが大好き!
なので、庭に9本も植えてあり、秋になると香りを楽しんでいます。
今年もいい香りがしてきました!
f0147922_13241286.jpg

おまけ…
黄色になるには、まだまだ時間がかかりそうな「ゆず」
毎年豊作でがんばってくれている、ゆずの木。今年も豊作、ありがとう!
f0147922_13243366.jpg

ちょっぴり黄色がかってきた「柿」。
今年は2個ね。落ちないように…鳥さんにつつかれないように…
f0147922_13245238.jpg

最後はレモン。去年は豊作だったのに、今年は0個。来年がんばれー!
f0147922_13254576.jpg

[PR]
by matu-cafe | 2008-10-06 13:45 | マイホーム | Comments(0)

うちの玄関、土間

玄関扉をあけると…土間になってます。
「土間」→ 三和土(たたき)を想像するところだけど
うちは敷き瓦(淡路産 いぶし瓦)、もちろん土足。
f0147922_10244514.jpg

どうして「土間」に?
答え
「玄関だけに使う空間を設けるのはもったいない(限りある面積デス…ハイ)」
ということで…土間には
ピアノを置き、吹抜けの高い壁にはプライベート本棚を造り付け、
靴を入れる箱(棚)もいっしょに壁に造り付け、
そう、そこは玄関扉から直結の第二の居間で、土足の空間。
これがうちの土間の風景。

土足の空間の掃除は…
ほうきの出番です
f0147922_10253047.jpg

やはり土足空間…土なども、もちろん靴といっしょに、お持ち帰りー!
プランを練っているとき「土間の掃除は…大丈夫かしら、自分…」と自分を心配。
新築当初はやはり気になり、敷き瓦を雑巾でたまーに(!)拭いてみたりしたけど、
今は、「土間なんだから!」 
私のずぼらな性格に合っているようです、ほうきで、サッサッサー、はい終わり。
この方が土間らしい、よね!

素人の私、机上の図面を見ても説明されても、立体的に空間が思い浮かばない。
だったら、実際の建物を見学、高さ奥行き広さを直に感じよう(by 夫)。
土間のことでは、日本民家園(川崎)や他の古民家をはじめ、
オープンハウス、江戸東京たてもの園(有名建築家設計の昔の家が移築されている)など
(見学した箇所は後日up予定)…実際に住んでいた、住んでいる家に
何回も足を運びました!

土間の壁は、珪藻土(レーブ)です。
f0147922_2314250.jpg

[PR]
by matu-cafe | 2008-09-17 10:45 | マイホーム | Comments(0)

うちの壁(土間、居間食卓以外の全て)

オガラナ社(ドイツ)のエコロジー壁紙「オガファーザー」
紙なので健康的であり、再生物からつくられています。
ウッドチップが入っているので、凹凸があり、壁に陰影がつき、表情があります。
写真は2階の空間。
f0147922_10475847.jpg

汚れたら張り替えせずに、その上から塗り直すことができます。
うちの場合、オガファーザーの上には何も塗っていないので、白色ですが
ウッドチップが浮き出ている箇所は薄い茶色なので、全体を見ると真っ白ではありません。
[PR]
by matu-cafe | 2008-09-16 11:07 | マイホーム | Comments(0)

うちの食器棚

うちの食器棚の紹介です!
どのように考えてこの食器棚になったのか(私の場合です)…。
キッチンの広さ、キッチンセットとの関係から
. 引き戸
. 2枚の扉を全開そしてそれぞれの端まで開くように
. 中側の板はすべて高さを替えられることができる
土間、食卓、居間からも上部が見える位置になります。
壁が白なので、連続性を重視し、強調しないように、色は壁と同じ白。
f0147922_11231053.jpg

この要望を満たす既製品はないかと、まずはキッチンショールームめぐり。
でも私が望んでいるような引き戸の全開はみつかりませんでした。
ということで、作ってもらいました。

全開。
食器を片付ける時、いっきにしまえて、食器を全部みわたせます。
f0147922_1123291.jpg

引き戸は下から天井まであり大きいけど、意外に軽く、取手を腕で押しても開きます。

f0147922_11234525.jpgf0147922_1124479.jpgf0147922_11241978.jpg
[PR]
by matu-cafe | 2008-09-11 11:29 | マイホーム | Comments(0)

うちの床

築5年目のうちの床です。
欧州赤松は、やわらかい木が特徴なので、座っても歩いても楽。
やわらかいので、傷がつきやすいです。
f0147922_1205944.jpg

これらの床の傷も愛すべき傷、家の歴史です!

この写真は夏撮っているので、板の継ぎ目がぴったりしています。
季節が変わり(冬に向かう頃から)乾燥してくるので、この継ぎ目がすこーし隙間があきます。
隙間があいてくると、冬になるんだなー
しまってくると、夏になるんだなー
こういううちの床、とても気に入っています。
[PR]
by matu-cafe | 2008-09-10 12:50 | マイホーム | Comments(0)

うちの壁(居間)

家族が1日の中で長く居る場所(食卓と居間)の壁は、
漆喰(石灰クリーム)です。
f0147922_10212098.jpg

気になるくらいの汚れがついたら、自分たちでその上から塗ることもできます。
[PR]
by matu-cafe | 2008-09-10 11:33 | マイホーム | Comments(0)