カテゴリ:山、キャンプ( 7 )

再びって…

f0147922_17211300.jpg
1週間ほど前、庭のくちなしの花が咲きました。とってきてくれた一輪をテーブルへ。
くちなしの芳醇な香りは、近すぎると香りに酔ってしまうほどの威力ね。


ある休日、朝ジョグ等を終え、ゆっくりとコーヒーを飲みながら「今日、どうする?」とのんびりまったり。
「じゃ、久々に鷹取山の壁を見に行こう」

頂上付近のこの岩は見応えがあり、好きな風景のひとつです。
今日もクライミングしている人びとがたくさんいました。
老若男女さまざまです!
f0147922_17212366.jpg
f0147922_17212829.jpg
頼もしい岩です。
f0147922_17214351.jpg
展望台からの景色は横須賀港もみえます。
f0147922_17213584.jpg
ここで休憩をして引き返します。

このあとは少し足をのばしてヴェルニー公園へ。
たまたま基地交流祭りをしていてたくさんの人たちが訪れていました。

ヘリコプター空母(?)「いづも」初めて見ました。
遠くからでもその巨大さにびっくりです。
f0147922_17214921.jpg
既に剪定されたバラたちの中で、遅く咲いたバラがさし色をそえ、
高校生の吹奏楽の音もそえられた公園をのんびり散策して家路へ。




















[PR]
by matu-cafe | 2015-06-29 18:04 | 山、キャンプ | Comments(0)

休日の日々−2(山)

丹沢 登山 大倉尾根→塔ノ岳1491m(往復)

2010年(息子小3)のGWに同じ丹沢で鍋割山に登って以来の、久々の山登りをしてきました。

今回の大倉尾根から塔ノ岳のコースは息子が幼稚園年長のときにトライしたのですが、花立山荘1300mまででタイムアウト(確かお昼を過ぎた)。
f0147922_20153252.jpg

↑その時の写真(息子が小さい!がんばって登ったんだけどね。)
もう少しで頂上というところで引き返した残念な記憶があります。

今回、再トライ!
大倉尾根はバカ尾根とも呼ばれるそうで、延々と長く単調できつい登りをバカに出来ない尾根というところから来ているようです(諸説あるみたいですが)。
危険な場所はなく低めの山ですが、このコースは標高差約1200mとけっこうあるのです。
根性と体力が必要かな!

今回はガイドブックに書かれている標準タイム《上り(3時間40分) 下り(2時間20分)》を目標に設定(自分たちには高い目標!)。

予定していた日に行けず、GW最終日にトライ。
6時15分大倉バス停を出発。
朝方まで降っていた雨のためか、ガスってる中を歩き出します。
f0147922_20152582.jpg

このへんはまだまだ余裕!
f0147922_20151766.jpg

少しずつ木段が始まります。
f0147922_2015543.jpg

まだまだ大丈夫。
f0147922_2014578.jpg

息がきれはじめてからの写真はない…(撮る余裕がない)。
「山登りというより、修行だな、何の修行かわからないけど、そうとしか思えない!」
なんて思いながら…修行、修行と頭の中に言葉がぐるぐるしながら一歩一歩登ります。
足場が悪いために作られた木段(階段)は木が腐っていたり、当然高さもまちまちで(作ってくれているだけでも有り難いのだが)自分のペースで足を運べないので体力勝負、石場の方がラクに感じます。

花立山荘目前がとてもハードで息が切れます。
そんなとき、「氷」文字が目に入ります(花立山荘の目印)。これで一気に気合いが入るのが不思議!
f0147922_20144040.jpg

目標タイムで9時15分で到着。なかなかいい調子。
たくさんの人に追い越されたのでタイムが悪いのかと思いきや、オッケーなタイム。みんなが速かった!
小休止、家族はおにぎりタイム。

さあここから最後の気合いを入れて出発!
f0147922_20143480.jpg

修行の木段が続いて、ようやく頂上に目標タイム10時に到着!
残念ながらこの日はガスっていて何にも見えないし風も強く寒すぎて(頂上ではダウンジャケットが必要かと思うほど寒かった)、写真を撮ったらさっさと下り、先ほどの花立山荘まで戻ります。
ここでまたおにぎりタイム。

トレイルランをしている人たちはカモシカのように颯爽と走って(信じられない!)通り過ぎていき、登り慣れている人たちに追い抜かれ…自分達の上りの時間帯では登り慣れた人たちばかりで…上りでは私たちが追い抜くことは誰ひとりできませんでした。

10時50分に下りだすと、その時間に上ってくる方達の中に家族連れや初心者の方達にすれ違いました。
その日会ったほぼ全員(老若男女)、かっこいい登山ファッションでびしっと決めていて、ちょっとびっくり。
今時の山ファッションの流行を見る事ができて目の保養でした。

朝方まで雨が降っていたのもあり、地面や岩場は滑りやすくなっていて、思ったよりも下りがきつく時間がかかってしまいました。
目の前で女性が足をとられて転んでしまいましたが何ともないとのことでほっとしました。
この近くに住んでいる方で何度もここを登っているベテランさんでした。少しお話して、先にその方が下りていかれたのですが、さすが健脚、すぐに見えなくなってしまうほど速かったです。

息子が少し先を下山してたとき、上ってきた方たちに話しかけられている様子。
その後自分とすれ違った彼らは、若い美男美女の山行デート?!っぽいカップルでした。
息子に追いついて「何を話しかけられたの?」と聞くと、
女の人に『もう半分はいっていますか?』と聞かれたから
僕は『半分はいってないと思います』と言ったら、
そうしたら女の人が『マジかよ〜!』だって。

その場所はかなり序盤で、まだ1/10くらいのところ!!!
息子は一応女性がショックを受けないように言葉を選んだようでした(←いい心がけです!)!
すれ違った印象は女性は初心者、男性は経験者にみえたのですが…

出会った時間もかなり遅めだったので、
あのカップルはその後どうしたかな、とか、
頂上まで登れたかな、とか、
どうしてデートをよりにもよってきついバカ尾根にしたかな、とか、
余計なことを想像しつつ3人で話しながら下山させてもらっちゃいました!

下山中、鹿に出会いました!
f0147922_20142777.jpg

登山口付近で、牛にも出会いました!
f0147922_20141960.jpg


息子は体力と根性がついたのか、この山を軽く登山していました!
上りも息も切らずに登り、下りもさっさとおりていき、体力差と頼もしさを改めて感じたかな。

大倉バス停にもどってきたのは13時30分。下りは2時間40分だったので目標タイムより20分オーバーでしたが、全体としてはいいペースだったかな。
大倉尾根の登りは2回経験したのでもういいかな…。



快適な住宅を建てたいと思ったらこちらへ
[PR]
by matu-cafe | 2014-05-07 20:46 | 山、キャンプ | Comments(0)

お出かけ

子どもたちの行事があり、こちらにやってきました。
緑豊かな、静かなところで、日差しは強いけど涼しい風がふいていて気持ちよかった!
f0147922_2201767.jpg

いっきに144段の階段を登るとこのような景色が広がります。
f0147922_220711.jpg

そして反対側はダム。
子どもたちのそば打ち体験
f0147922_21595291.jpg

たくさんの手でこねます…この後すごいことになってた…。
f0147922_21593822.jpg

なんとかひとつにまとまって
f0147922_21592327.jpg

薄く薄くのばしていきます。
f0147922_21591126.jpg

さあ、出来上がり!
手作り感いっぱいのおそば、美味しかったよ!

More
[PR]
by matu-cafe | 2013-09-24 22:23 | 山、キャンプ | Comments(0)

おでかけ

山奥へ。
岩から飛び降りて遊ぶことができるところ。幅はせまいけど、水底はとても深い。
子どもも大人も岩によじのぼって、どぼんどぼんと飛び降りる。
f0147922_955599.jpg

深いところはそこだけで、腕を3かきぐらいすると、すぐに浅いところにでるので、そんなに危険ではない。
小さい家族に体験させてたくて、ジャケット(シュノーケル用、ライフジャケットっていうのかな)を着させて、いざっ。と思っていたけど、やはり怖くて近寄りもしなかった…。
f0147922_9545717.jpg

きれいな水でいっぱい小さい魚が泳いでいるので、小さい網で捕まえられる。
小さい家族も友達といっぱい川遊びを楽しんだみたい。

帰りは銀山湖をぐるっと気持ちよくドライブして帰宅。
夏休みももうすぐ終わりだなあ。
[PR]
by matu-cafe | 2012-08-28 10:03 | 山、キャンプ | Comments(0)

キャンプ

山登り(北アルプス)に行く予定が諸事情により急遽キャンセル。
そこに、姉弟犬のお友達からお誘いが。
特殊なキャンプ場です。
お友達はそこに山小屋を建て、シーズンになると毎週末のようにそこへ行くそうです。犬には天国の場所。
場所によってノーリードでオーケー。
川もあり、とにかく大自然、鹿も出会えるそうで、なんと今夏は熊がでたので注意とのこと!
草原が広がっているので、どこでもテントを張れるけど…あまりに人がいないのでこわいくらい。
隣のテントは見えません…。
ということで、お友達の山小屋の前にテントを張らせてもらいました。
トイレや水場は車で移動の距離、すごい!
f0147922_103526100.jpg

f0147922_10323537.jpg

f0147922_10321677.jpg

大型犬が多く、多頭飼いしている人がほとんど。
初めてのノーリード、呼んだらかえってくるかなと心配でしたが、全く問題なし。
呼んだらすぐとんできます!
川も初めて。泳げるかなと思っていたら、泳ぎは大得意でした!
川の水は冷たく、犬も寒いらしく、水からあがるとぶるぶる震えるくらい。

うちの山用テント、もう20年来のもの。さすがに今年は買い替え。
おニューのテントです。タープも今までなかったのですが、初めて買いました!
大自然なので虫がすごい!草もおいしげっています。こんなところでテントを張ったのははじめて。
f0147922_1033203.jpg

お友達の素敵な山小屋。水、電気ありません、大自然が広がります。
夕食は山小屋テラス、ランタンの光の中で。
お友達はポトフ、うちは鶏肉のトマト煮。フランスパン。いつもよりちょっぴり贅沢なチーズ。
家で切っていったサラダの盛り合わせ。
それぞれ簡単に作れて簡単に片付けられるもの。水が貴重なので洗いものを極力減らします。
手も洗うことがなかなかできません。
旅先ではとにかくみんなが疲れないで、おいしく楽に食べることが一番!
f0147922_10331274.jpg

こんなに大自然の中でテントを張ったのは初めての経験。
山といっしょでゴミはすべて持ち帰り。
もちろんワンのう○ちも(これ大変!車内は無理なので車の後ろワイパーに下げました…)。
そうしたらサービスエリアで、渋滞中に後ろのドライバーが「後ろに忘れ物ですよ」と親切に教えにきてくれました…「ありがとうございます、あれはちょっと…いいんです」!
山や今までのオートキャンプとは全く違います。
素敵なところでした。
[PR]
by matu-cafe | 2010-08-18 11:09 | 山、キャンプ | Comments(0)

山中湖へ

キャンプに行ってきました。
f0147922_13322183.jpg

うちのテントは、夫の年季(なんと20数年前の)がはいった山登り用テントなので軽くて小さいです。
オートキャンプ場では大きいテントや立派なタープが並びます。その中でうちはこじんまり…!
タープも100円ショップで売っているブルーシート1枚をひもで木にくくりつけるだけ…というシンプルさ!!
でもこれとっても重宝なんですよ!
1日目は山中湖のキャンプ場へ。サイトは森の中で、その日はサイトがほどよくすいていたので、快適でした。電源サイトはひしめきあっていましたが。
夜中、強い雨が降り続けていたのですが、朝方晴れたのでほっとひといき。
f0147922_1332385.jpg

2日目はフォレストコテージ  キャンプ場の森林サイトに。
ここも快適なサイトでした。
全体にゆったりと作られているキャンプ場で、子どもの遊具やトランポリンもあったり、ドッグランもあったり…。また訪れたいと思うキャンプ場でした。
写真はお昼のスパゲティナポリタンを作っているところ。
最近は持ち運びに便利な、七輪とストーブ、小さい網と小さいダッチオーブンで料理しています。
f0147922_1333459.jpg

湖一周サイクリングに挑戦。途中道路を走るところもありますが、ほとんどサイクリングロードがあるので安全で気持ちよく走れます。
写真はサイクリングロードが切れ、湖畔の砂浜を走るところもあり!
最終日、富士山がくっきり見ることができましたー。
[PR]
by matu-cafe | 2009-08-24 14:03 | 山、キャンプ | Comments(0)

ダッチオーブン料理

秋晴れの日、デイキャンプにレッツゴー。
川を見ながら、木陰にてダッチオーブンで作るのは「豚の角煮」。初挑戦!
f0147922_0135764.jpg

いいかんじ!隣ではコッヘルでご飯を炊いて準備万端!
f0147922_0142728.jpg

豚の角煮と千切りキャベツをご飯の上にたっぷりのせて、いただきましたー!おいしー!!
川には鮎釣りの人がいっぱい…
f0147922_014459.jpg

鮎…ではないです…釣り堀で釣りを初挑戦…釣れましたー!(すぐにリリース)
f0147922_0151064.jpg

コスモスがいっぱい、きれいな秋色。
さわやかな風、涼しい青色の空、そしておいしい食べ物…やっぱり秋は好きだなー!
f0147922_0153196.jpg

[PR]
by matu-cafe | 2008-10-15 00:33 | 山、キャンプ