カテゴリ:建築めぐり( 54 )

旧井上房一郎邸

旧井上房一郎邸 群馬県高崎市

東京麻布の笄町に、1951年に建てられたアントニン レーモンドの自邸兼事務所を
写した建物と知られています。

レーモンドの快諾を受け、彼の自邸を再現しようと計画、建築。
(パンフレットより抜粋)



建物の真ん中に気持ちの良いテラスがあり、そこから入ります。
玄関はこの反対側にあります。


f0147922_22320752.jpg


高崎市美術館の敷地内、裏側に、この建物があり、見学できます。


f0147922_22320226.jpg


長細い建物なので、うまく写真に撮れませんでした。


f0147922_22315659.jpg


明かり取り用の障子は、前川國男邸を思い出します。




f0147922_22313747.jpg




f0147922_22313253.jpg



北側は長い廊下が続いています。


f0147922_22312741.jpg


写真がないけど、寝室には、レーモンドの奥様ノエミ氏がデザインしたテーブルがあります。




f0147922_22312376.jpg

北側玄関

ゆっくりと見学させてもらえます。
そのまま残し見学できるようになっていることがありがたいです。






高崎でのランチは、タイ屋台料理「NIPA」。
ネットで検索したら、有名店ということで、珍しくタイ料理を選択。


お店自体はとても小さいけど、ランチオープン時間がくると、
すぐに満席となる。
メニューは、ランチ時間帯は1定食のみ
(選択肢ゼロ。知らなかった)なので、
座ったら何も言わなくても次から次へと出てきます!



ヤムウンセン
(春雨サラダ)
玉ねぎなど香味野菜、茹でたひき肉、ナンプラー、唐辛子、柑橘系の酸味でさっぱり味付け

ガボップラー
(スープ)
魚の胃袋を乾燥させて揚げたもの。とろみのあるスープ。タイの中華街で人気があり体が温まる

クンパッポンカレー
(エビのカレー炒め。エビ、玉ねぎ、セロリ炒めてカレー風味に味付け)

ジャスミンライス
タイのジュース

f0147922_22301438.jpg

カレーはなんとも表現できない香辛料でねっとりして
最高に美味しい。さらっとしているジャスミンライスにピッタリ。
辛い!


スープは、唯一、辛くなく、体が温まる優しい中華味。
魚の胃袋揚げボールはよくわからないけど(!)、
鶏肉はほろっと身が崩れるほど柔らかく
これも美味しい!

f0147922_22301360.jpg

この春雨サラダが、辛い辛い!!
でも味は美味しくて、「カラい〜!」と言いながら止まらない。


f0147922_22301278.jpg

ナンプラーは苦手だけど、このお店の味は美味しく食べることができました!
人気があるお店、うなづけます!














[PR]
by matu-cafe | 2018-11-22 22:35 | 建築めぐり | Comments(0)

関宿

伊勢から次の目的地へ。
三重県亀山市にある、「関宿」 東海道53次のうちの、江戸から47番目の宿場町です。

江戸時代には、参勤交代や伊勢参りの人々で賑わったとのこと。
そして現在、東海道の宿場町の中でも、特に歴史的な街並みが残る宿場です。


f0147922_20365072.jpg


この写真は、関宿の街並みの真ん中にある、眺関亭からの街並みを撮ったものです。
道の広さも当時のままです。




f0147922_20364273.jpg

今も暮らしている人々、ひっそりとしています。
土産物屋なども他と比べて少なく、映画のセットのようです。


f0147922_20363941.jpg


f0147922_20363444.jpg



f0147922_20362911.jpg



f0147922_20362450.jpg





f0147922_20361945.jpg


ゆったりした時間が流れていました。











[PR]
by matu-cafe | 2018-11-12 20:38 | 建築めぐり | Comments(0)

伊勢

7月から8月に、三重県と奈良県に行ってきました。

14時過ぎに、伊勢神宮 外宮までもうすぐのところまでくると、警察関係の車両や関係者が多く見られるようになり、
伊勢神宮に相当なVIPが来られているのかなと思いつつ到着すると、まさに!
「ただいま、皇太子さまがいらっしゃっているため、参拝できません。
15時過ぎでしたら外宮から内宮に行かれるので、それ以降は参拝できます」と
警備している警察官が丁寧に説明してくれました。


その時間まで、御塩殿神社に行ってきました。
伊勢神宮に奉納する堅塩を作る専用の製塩工場です。

f0147922_19400540.jpg

道路も狭く、通り過ぎてしまいそうなくらい、ひっそりとしています。

f0147922_19400068.jpg
海までの道のり

f0147922_19395136.jpg

生い茂る木々が静かさを守っているようです。

伊勢神宮 外宮入り口に戻りました。
更に警備が厳しくなっています。

偶然に、ひと目ですが、お会いすることができました。
とても近かったです。
そしてすごい車列、警備体制でした。


f0147922_19394199.jpg
伊勢神宮 豊受大神宮 外宮


f0147922_19475617.jpg

うまく写真が撮れず、アップできるのはこれだけ。
20年ごとに建て替える(神宮式年遷宮)御敷地もお隣にあります。

f0147922_19394557.jpg

内宮の参拝は、明日の早朝にすることにして、
伊勢志摩国立公園 英虞湾を一望できる、横山展望台へ。

木々とリアス式海岸の素晴らしい絶景でした。



f0147922_19383549.jpg


翌日、伊勢神宮 皇大神宮 内宮が朝5時から参拝できるため、頑張って早起きです。



f0147922_19392690.jpg

まだ、人もまばらで歩きやすいです。

五十鈴川が優しく流れています。



f0147922_19392141.jpg

昨日、皇太子さまが参拝されたため、翌日その関係で様々なお祈り(儀式)があり、
見学することができました。



f0147922_19391677.jpg


昔から変わらない儀式
緑深く、静かに厳かな雰囲気は
目をうばわれます。



f0147922_19391232.jpg



f0147922_19390819.jpg



f0147922_19390375.jpg



f0147922_19390078.jpg



f0147922_19385523.jpg


初めての伊勢神宮参拝でした。


早朝からたくさん歩いて回ったので、
伊勢うどんをおかげ横町で食べ、
赤福を本店で美味しくいただきました。


f0147922_19384265.jpg












[PR]
by matu-cafe | 2018-11-12 19:49 | 建築めぐり | Comments(0)

現代彫刻

宗教法人長泉院付属
現代彫刻美術館
(東京都目黒区中目黒4-12-18)



東京に行く用事ついでに、こちらに行ってきました。
お寺の付属の現代彫刻美術館、そして無料!
いったいどんなところだろうと、ワクワク感いっぱい。

車(ナビがない)で行きましたが、こちらに到着するまで
住宅街の中を3回も迷いました。

「〜少しでも多くの方々に彫刻の素晴らしさに触れ、楽しんでいただけるように〜
〜若い作家の発表の場としてなど、幅広い活動を続けて行く所存〜」(パンフレットより抜粋)

野外展示場、企画展、常設展など、誰でも無料で公開されていること、素敵です。

和やかな雰囲気の館長さん(と思います)、
ありがとうございました。


f0147922_21214119.jpg


このシリーズが見たかった(↓)。
実物は期待を裏切らなく、これ、好きだ!



f0147922_21212803.jpg


野外展示場が建物の周囲に4箇所あります。
住宅街の中にこんなにも現代彫刻があるなんて不思議な空間です。


f0147922_21214337.jpg

f0147922_21215753.jpg

こちらが玄関の扉。
魅力的な取っ手です!

f0147922_21215767.jpg
美術館の中は撮影禁止です。
細かい段差があるフロアで、1階は企画展(期間限定)、2階は常設展。





f0147922_21212756.jpg
綺麗なフォルムだなあ(↓)。

f0147922_21212834.jpg

そして、ここにもありました!


f0147922_21214263.jpg

今年4月から6月までの企画展(明田一久氏)↓


f0147922_21215603.jpg




f0147922_21214407.jpg

今回の企画展、可愛らしく愛らしい作品でした。







[PR]
by matu-cafe | 2018-05-31 21:45 | 建築めぐり | Comments(0)

松岡美術館


松岡美術館 (東京都港区白金台5−12−6)

f0147922_19353349.jpg

静かな場所にひっそりとあります。

平日に行きましたが、数人の見学者がいるのみで、

各部屋の中には自分たちと美術品だけの空間になり、リッチな見学でした。


入り口で出迎えてくれる、可愛らしく、魅力溢れる猫ちゃん!



古代オリエント美術、ガンダーラ仏像、ヒンズー教神像などの古代東洋彫刻がとても面白いです!

これだけ間近で見ることができるのはあまりないのでは。


古伊万里や伊万里などの東洋磁器の素晴らしさ。

説明もわかりやすく書かれているので、さらに興味が倍増します。




f0147922_19353262.jpg

その日のお花。素敵な空間になっていました。




創設者の方の言葉。

「私は私立美術館というものは、美術品を蒐集した館の創立者或いは一括寄贈した蒐集家の美に対する審美眼なり鑑識眼を、

その一つ一つの美術品を通して一般観者に訴えるべき一つの場所と考えるからです」(hpより抜粋)


館内どこでも、写真やデッサンもOK(決まりごとはあります)という美術館です。

創設者の考え方が現れているようです。


ぜひオススメの大人な美術館です。

今度は息子も連れて行こう!























[PR]
by matu-cafe | 2018-05-18 19:47 | 建築めぐり | Comments(0)

焼津

花沢の里(焼津市)

30戸ほどの山村集落で、川と並行し旧東海道で反対側は急斜面の山になっています。
万葉集でも詠まれたことがある「やきつべの小径」にあります。


f0147922_18555830.jpg
車は手前の駐車場に置いて、歩いて坂を登って行きます。
のどかな風景で、とても静かです。


f0147922_18560000.jpg


お茶、養蚕業などが盛んで、各民家は季節労働者の宿泊施設があったそうです。



f0147922_18555846.jpg



ここに来る前に、焼津のおさかなセンターでお刺身ランチ。

やはりわたしは大好きな「鯵」!




f0147922_18555924.jpg

とても美味しかった!


f0147922_18560140.jpg












[PR]
by matu-cafe | 2018-05-18 19:16 | 建築めぐり | Comments(0)

横須賀美術館


横須賀美術館  (設計 山本理顕) を見学。

外観全体を撮った写真がなくて残念。内部は写真OKの場所のみ撮影してきました。

f0147922_23550174.jpg


ガラスで建物全体を覆った外観は、大きな建物なのにちょっと可愛らしくも感じる不思議な建物です。

こじんまりした入り口から入ると、天井や壁に丸い穴が空いており、そこから光が差し込んで、柔らかな空間を作っています。


f0147922_23550121.jpg

f0147922_23550340.jpg

展示室(今回は無料の建物見学のみ)を上部から見下ろしたところ。


f0147922_23550283.jpg

案内図が可愛かった!

f0147922_23550385.jpg

ライブラリー。ここも無料で使用できます! 美術に関する書籍がたくさんあり、何時間でもいられそう!


f0147922_23550400.jpg


外側のガラス部分と、内側の建物の間。

f0147922_23550514.jpg




裏にある、山の広場からの、美術館と海の眺め。屋上からの海の眺めも抜群にいいです。

美術館の裏は、観音崎の自然の森になっておりハイキングコースがあり、すべて美術館と一体となって、1日中遊べます。











[PR]
by matu-cafe | 2018-05-18 00:05 | 建築めぐり | Comments(0)

旧吉田邸

4月のお天気がいい日、思い立って「小田原に魚を食べに行こう」とドライブ。
大好きな鯵を堪能! 美味しかった。


f0147922_23481967.jpg

帰り道、大磯にある、旧吉田茂邸を見学。
f0147922_23482941.jpg


旧吉田茂邸

数寄屋建築風の総檜造りの本邸は、建築家吉田五十八の設計のもと、京都の宮大工により建設されました。
日本庭園は、世界的作庭家 中島健が設計した。
(hpより抜粋)


広い敷地にある邸宅です。
2階の大きな窓からは海、富士山(天気がよければ)を見ることができ、素晴らしい景色です。

庭は四季折々に咲く花々、木々が植えられ、楽しく散策できるようになっています。

海と富士山を臨むここで、日本の未来を考える人たちが集まっていろいろな話をしていたのだろう想像すると、とても感慨深い場所でした。


f0147922_23483451.jpg


[PR]
by matu-cafe | 2018-05-17 23:53 | 建築めぐり | Comments(0)

金沢へ

富山県高岡市は富山市に次ぐ第二の都市、歴史も古い地とのこと、
宿はあえて富山市ではなく高岡市にしました。
高岡市内(富山市にも)は路面電車が走っています。


f0147922_07293395.jpg


夕食は富山市まで足をのばし「寿司栄 華やぎ」。

高岡市から路面電車、私鉄でJR富山駅に到着、
そこからバスで寿司屋さんと、思ったより遠かった。
宿を富山駅周辺にすればよかったとちらっと思ったほど、
高岡からの便は悪かった。
でもいろんな風景を見ることが出来てよかったかな。



f0147922_07291817.jpg

f0147922_07292344.jpg


f0147922_07290392.jpg


海の幸を存分に楽しむことができました。
帰りは富山駅までバス(便が少ない)ではなく、
15分くらい歩くと便の多い路面電車が通っていることを聞き、
夜の街を散歩しながら高岡へ帰る。
夜は昼と違い、涼しい風が気持ちよかった。


2日目、雨晴海岸を通り、氷見漁港、そして道の駅もある、ひみ番屋街(市場)へ。
お刺身、おいしい!

残念ながらお天気はよかったのですが、海岸から立山連峰を見ることができなかった。





f0147922_07285366.jpg




そして金沢へ。

長町武家屋敷跡を散策中、
富山で買った鱒&ぶりの押し寿司でちょっとひといき。


f0147922_09122610.jpg






f0147922_07292886.jpg

武家屋敷界隈を流れる用水路。
流れが早くて水量も多くてびっくり。


f0147922_07293803.jpg



武家屋敷跡野村家を見学、加賀百万石加賀藩の直臣であり、廃藩まで続いた加賀の名家。
驚くほど豪華です。



f0147922_07284801.jpg


そしてその近くに移築された早道飛脚足軽の2軒足軽屋敷(金沢市足軽資料館)を見学。
当時の生活ぶりが垣間みれ、興味深かったところでした。




金沢21世紀美術館
建築家  妹島和世+西沢立衛 / SANAA

隣りが金沢市役所になっていて、地下の駐車場はつながっています。
「まちに開かれた公園のような美術館(建築の考え方)」パンフレット抜粋、
という市の中心にある美術館です。





f0147922_07284321.jpg

そのモットーの通り、美術館内部も無料で入ることができます。展覧会部分は有料。



恒久展示(無料)の二カ所が特に魅力的でした(無料のところしか見てない!)。

スイミングプール(レアンドロ エルリッヒ)
見た目はプール。
地上から見下ろす部分は無料。プール内部に入る場所は有料!


f0147922_07283958.jpg

ブループラネットスカイ(ジェームズ タレル)
部屋の周りが腰掛けられるようになっている空間、
天井が切り取られていて、空が見えます。



f0147922_07333768.jpg

交流ゾーン(無料)には交流の場を演出する、椅子、長椅子、
寝転ぶことができるなどの場がありました。



f0147922_07291338.jpg



最後は、日本海の北前船が行き交った金沢港、金石、海の豪商 銭屋五兵衛記念館です。
金沢に来てこの人を知ったのですが、すごい人です。来て良かった!!




f0147922_07355919.jpg



1泊2日で3県を巡った弾丸旅行でしたが、行きたいところを絞ったおかげで大満足でした!
また更に日本海沿いの地を巡りたい気持ちとなりました!















[PR]
by matu-cafe | 2017-07-30 07:36 | 建築めぐり | Comments(0)

相倉合掌造り集落

糸魚川から五箇山へ行く途中、「親不知(おやしらず)」に寄りました。
日本海沿い、岩が切り立つ断崖絶壁の場所。
昔は交通の難所だったそうです。
当日は晴れて波も穏やかでしたが、海が荒れたら怖い場所です。


f0147922_06084742.jpg


そして、五箇山 相倉合掌造り集落へ向かいます。




五箇山 相倉合掌造り集落 (世界遺産)
富山県南砺市相倉611


               世界遺産として、
                   白川郷(岐阜県大野群白川村)、
                   相倉合掌造り集落(富山県南砺市)、
                   菅沼合掌造り集落(富山県南砺市)
                (合掌造り家屋が多い順番です)の3カ所が登録されています。



夏の暑い日、車から降りただけで汗が落ちるような日でした。
観光客もとても少なく(世界遺産なのでもっと多いとイメージしていたため)、
のんびりとした印象です。

こじんまりとした集落のため、駐車場からすぐ村です。
お店(お土産)も村中に1件、駐車場に1件だけで、
世界遺産らしくなく観光地化されていない静かな小さい村、
合掌造り家屋で今も暮らしている風景がそこにあります。




f0147922_06085378.jpg


合掌造り家屋は旅館にもなっています。
干されている洗濯物が日々の暮らしを感じることができます!



f0147922_06092691.jpg


相倉民族館では昔の暮らし方などが紹介され、2階にも上がれます。
2階に行くと、風がよく通り、意外に涼しく感じます。
煙硝、養蚕、和紙が作られていたとのこと。


f0147922_06121084.jpg


「ささら」108枚の木の板をつないだ古楽器。
これを打ちながら踊り、「こきりこ節」を唄うそうです。

ささらは大きいものから小さいものまであり、手に取ってみると重さを感じます。
きれいな木の音が鳴ります。




f0147922_06085838.jpg


高台からは、谷間の小さな村が一望できます。



f0147922_06091373.jpg


1泊2日の宿は富山県高岡市にとりました。次は富山の味!









[PR]
by matu-cafe | 2017-07-30 06:19 | 建築めぐり | Comments(0)