人気ブログランキング |

東京国立博物館

国立科学博物館にまた再訪!
今回は、前回時間切れで行かれなかった日本館も見学。連休のためかすごい混雑。
せっかく上野まで来たので…

はじめて、東京国立博物館へ、中身ではなく、建物見物!
本館(建築家 渡辺仁)。
夫によると、これは「帝冠様式」というものだそうだ。
素人の私から見ると…混沌とした、なんともちぐはぐな感じを受ける。
でも重厚で、どーんとかまえている存在感はすごい。
f0147922_1136814.jpg


本館を正面にし向かって左、木立の中を進むと…
法隆寺宝物館(建築家 谷口吉生)
f0147922_11311344.jpg

本館とはうってかわり、現代建築が全く違和感なく、目にはいります。
静かで浅い水面が前庭にひろがっている。
正面ではなく右よりに位置する入り口への通路は、
水面との差があまりないので、まるで水面を歩いているようなかんじ。
アプローチが、上記のように一本の通路を歩いていくことで
静かな、おごそかな気持ちになり、館が迎えている。
f0147922_1131275.jpg

入り口は大きな建物に対し、小さく、高さもおさえられている。
f0147922_11314791.jpg

小さい入り口から館に入ると、そこは大きい吹抜けが。
この空間は気持ちがいい。受付も、椅子の配置もでしゃばっていなくて、おしゃれ。
残念なのは、写真前方にパイプ椅子が…。
これは…向かって右奥に、カフェ(ホテルオークラ)があり、
その待ち合いの椅子なんだけど…もうちょっと考えてほしいなー、うーんとても残念。
f0147922_1132675.jpg

スタディールーム(名前ちがうかな?!)
本棚がきれいです。
f0147922_11322678.jpg

素敵な建物でした。
f0147922_1132468.jpg

東洋館(建築家 谷口吉郎)
宝物館を建築した谷口氏のお父様の建築。
f0147922_12221689.jpg

太い柱、力強い建物。
吹抜けの大きな空間に、床がせりだしています。
幅広い大きな階段を上がりながら、展示物を見て歩きます。
展示物を落ち着いてみる…というよりも、全体を見て回るというかんじ
(展示物も大きいものが多かったかな)。
f0147922_12223190.jpg

平成館…
外見から拝見して…見学するのはいいかな…と思いましたが
トイレによってみました。
うーん、コメントできず…です。中のインテリアもどうでしょうか…。
by matu-cafe | 2008-09-16 12:51 | 建築めぐり | Comments(0)