人気ブログランキング |

2008  Paris Stockholm (Paris)(4)

9日目、建築家ル コルビジェ 「サヴォア邸(Villa Savoye)」へ。

RERで、凱旋門からPoissyへ。
ポワシーの駅はのんびりとした雰囲気です。
パニーニ屋でランチをテイクアウトしている間に、バスは行ってしまい…。
タクシー乗り場へ。
棒アイスを食べているおばさんと値段交渉、7ユーロ、やり手のおばさんでした!
乗り込むと、アイス食べ食べ運転、やはり遠回りしている様子、
「あっちの道は工事していて通れないのよー」なんて、おっしゃる。
ま、明るいおばちゃんなのと、7ユーロならいいかっ!

目立たない入り口に到着。
木立の中を入っていくと…
f0147922_14332954.jpg

(この建築見学詳細は「建築めぐり」カテゴリーに入っています)
帰りはバスをのがし(また!)、今度は歩いて駅に向かうことに。
丘の上だったので、坂道をくだっていけば到着。
(やっぱり工事なんかどこもしてなかったわよー、おばちゃん!)
またRERで帰路に。


Lafayette(デパート)
夕食は6階のセルフサービスのレストランで、眺めもいいし食べようと思っていたら、
タイムオーバー。
時間ギリギリでしたが、コーヒーとケーキだけでも…と思い、食べてみると…
私のミルフィーユ、最悪でした…。パイはべちょべちょ、クリームひどい…。
こんなケーキは初めて食べたくらい、ひどかった、大ショック。
エクレアはおいしかったらしい。
ちなみに値段は(旅行中1ユーロ170円計算してました)…
エクレア 3.35ユーロ
ミルフィーユ 3.50ユーロ
エスプレッソ 1.70ユーロ

夕食はラファイエット グルメ館(デパ地下)でテイクアウト。

部屋からどうにか凱旋門が見えまーす。
f0147922_1584535.jpg


10日目、明日からのロンシャン行きの切符を買いに、まずはパリ東駅へ。
窓口は土曜日だからか長蛇の列で40分もかかり、やっと購入。
ランチは駅でユーロスターを見ながら、またパニーニを食べる。
f0147922_13441042.jpg

午後は、夫がパリ市内の建築物巡り。

パリで宿泊していたホテル外観。
ファサードはアールヌーヴォー様式で文化財にも指定されています。
中もクラシックな雰囲気。部屋、バスルームも大きくきれいで大満足でした。
明日からパリを離れ、ロンシャンです。
f0147922_1344315.jpg


11日目、ロンシャンに行く日。
早朝6時30分ホテルからタクシーでパリ東駅へ。
せっかくなので、スイス バーゼルまで行ってみることに。切符をバーゼルまで購入。
SNCFに乗る前に、自分で切符を打刻器に通しガシャン!忘れずに。
f0147922_13445593.jpg

電車に乗り、自分たちの席をさがすけど私たちの番号だけない…。
まわりの人がいっしょにさがしてくれ…
ここだと思われる(そこだけ席の番号が空欄になっている)ボックス席(4席)には、
大柄なフランス人のご夫婦が悠然と(まわりは探してくれているのに)座っている。
まわりも「そこだよ」というかんじ。でも番号がないので誰もその夫婦に言わない。
雰囲気もこわいし…。
隣のボックス席のお兄さん(4席あるうち1人で座っていた)が
車掌さんが来るまで座っていいよと言ってくれ、やっと座れる…。
やはりどうも隣の(番号が空欄となっている)夫婦があやしい。
態度もあやしく、どうやらボックス席に座りたくて、番号を消したみたい…。
ひどいなあ。
結局、お兄さんにあまえることにして、車掌さん(車掌さんは席までチェックしないのね…)
がきても同じ席に座らせてもらいました(小心者…)。

ベルフォールで下車し、急いでホテルにチェックインしスーツケースを預け、
また駅へ。
そしてバーゼル行きの電車に…はあ、間に合ってよかったー。
さあ、到着。もうここはスイスです。
f0147922_13451581.jpg

ひえー、表示もすべてドイツ語だー。
お隣の町なのに、違う国…大陸です…
車も少なく、道路は路面電車がメイン。
約3時間のフリータイムでベルフォールに戻る予定。
まずは、路面電車に乗ってみよう!
切符の買い方がわからなかったので、路面電車を待っているおばさまに聞いてみるが、
全く通じず…。
適当に乗って、適当に降りてもどってみよう!
f0147922_13453158.jpg

静かできれいな町。

あとは、駅のオープンカフェでお茶をしながら、スイス気分をちょこっと味わい、
ベルフォールにもどりました。
f0147922_13454960.jpg

12日目、旅行の第ニの目的であるロンシャンの教会(建築家 ル コルビジェ)へ。
昼用のフランスパン1本を買い、今日は朝から夕方まで教会へつめる予定。
あいにくの雨…ふったりやんだりの天気。
ロンシャンの駅は無人駅。電車も2両。さみしーい場所です。
f0147922_1346812.jpg

駅から丘の上の教会まで、てくてくがんばって歩きました。
9時30分オープンですが、30分前に到着し、寒い中待ちました。
門を入り、上って行くと、教会が現れます。
今まで書籍でみてきたもの、そのままがボンッと建っているというかんじ。
圧倒的な存在感。
f0147922_14143066.jpg

f0147922_13464659.jpg

(この建築見学詳細は「建築めぐり」カテゴリーに入っています)

13日目、SNCFにて約4時間、ベルフォールからパリへお昼過ぎにもどりました。
スーツケースをがらがら押しながら、パリオペラ座へ。
受付で、スーツケースをクロークに預けられることを確認し、オペラ座を見学。
豪華絢爛です!
f0147922_1347686.jpg

意外に舞台は小さく感じました。
f0147922_13472432.jpg

その後、お隣のLafayette にて、ゆっくりランチを食べたり、おみやげを買ったりして、
夕方、ロワシーバスにて、ドゴール空港近くのホテルに向かいました。
さあ、明日は早朝出発!

14日目、15日間の旅行も最後です。
9時45分パリ発 ヒースロー空港10:05着(英国航空)
そして13:00ヒースロー発 成田行き(ヴァージン)で、日本に帰国(15日)です。
f0147922_13474265.jpg

by matu-cafe | 2008-09-04 15:15 | 2008 Paris Stockholm | Comments(0)