人気ブログランキング |

浄瑠璃寺 (九体寺)

浄瑠璃寺 (九体寺) 九体阿弥陀堂(国宝)他、多数国宝あり

卒業記念として「奈良京都の寺社を見ておこう」その中のひとつです(行ったのは3月)。
住所は京都だけど奈良に近く、このようなのどかな里山風景の先にあります。
f0147922_20483576.jpg

迷いながら(あまり標示がされていない)やっと辿り着きました。
f0147922_20475917.jpg

訪れた日はあしびが花盛りを迎えていて、味わい深い参道にたくさんありました。
f0147922_20481211.jpg

こじんまりとしたかわいいたたずまいの門をくぐると、緑豊かで、のどかな、あたたかな雰囲気を感じ、ここに国宝があるのかなと、ちょっと思ってしまうくらいです。
f0147922_20492093.jpg


伽藍配置は池(浄土の池)を中央にして東(此岸)に薬師如来を祀る三重塔、西(彼岸)に阿弥陀如来九体を安置する本堂がある(byフライヤー)。
f0147922_20494417.jpg

三重塔は小ぶりでかわいらしく感じるほどです(国宝 藤原時代)。
そこからぐるっと池の周りを歩いて本堂に向かいます。
f0147922_20495942.jpg

九体阿弥陀堂(国宝 藤原時代)は横長の堂で、
九つの阿弥陀仏が並び、一体一体の阿弥陀如来ごとに板扉があり、開いています。
扉はあいていても外からはお顔まで見る事はできません。
お盆にライトアップした際、お顔が池にうつることで見る事ができるそうです。神秘的ですね。
それはお寺の関係者だけ公開だそうです。
f0147922_20502253.jpg

お堂の中では勢揃いした九体の阿弥陀如来がびっちりと並んでいます。
飾り気のない素朴さにみちていて、優しい気持ちを感じます。
f0147922_2050349.jpg

参道にある無人お漬け物店。
小さいビニール袋に入ったお漬け物が吊る下がっていて、一袋100円!
なんともいえない風情で、この参道らしいなって思う。
その並びのひなびた(失礼!)お店には安い値段がつけられたいろんな種類の陶芸ものが、かご山盛りに並んでいます。
f0147922_20503015.jpg

そこから息子が選んだこのスマイル地蔵、よくぞ選んだというくらい、よく見るとかわいい!
値段もとっても安い!3体選びました。

アクセスがあまりよくないですが、そこがまたいいところでもあり、安らぎを得られるおすすめのお寺です。





快適な住宅を建てたいと思ったらこちらへ
by matu-cafe | 2014-04-28 20:53 | 建築めぐり | Comments(0)