うちの子ども部屋

家族も子どもと一緒に成長したり、新しい趣味をもったり、好みが変化していく…可能性があります。
いろいろと考えた中で、うちの子ども部屋のあり方は…
子ども用の部屋という、最初から用途を決めたり、仕切ってあるものではなく、オープンスペース(部屋ではない)を設けました。
その広さは?
広くない我が家、その中で家族にとって何が一番大切か。
うちはダイニングリビングを居心地良く、くつろげる、家族が自然とそこに集まる…家族で一番大切な場所としました。
広ければいいのではなく、そのくつろげる空間を作るにはどのくらいのスペースが家族に丁度いいのか。
あと必要なのは寝室ひとつ。部屋はその寝室しかありません。
そして上記のオープンスペースのみ。

オープンスペースを考える際、家全体からみるその広さの割合がどのくらいか。広すぎないか等。
いろいろ考えた中で、うちは将来子どもが寝ることができる空間があればよい、なので狭くてオーケーという思いになりました。
そんなオープンスペースを作りました。

現在は、まだオープンスペースのまま。
まだ部屋は必要としていないため、リビングの一角に文机(夫作成)二つを置き、そこに勉強道具などを置いています。
絵本や本などは、土間の大きい作り付けの壁本棚に家族全員の本があるので、子どもの本や絵本もそこに一緒です。
勉強はほとんどダイニングテーブル(床座)で、たまに文机です。
本を読んだり、大きい絵を書いたりするのも、遊んだりするのも、全部リビングダイニングの床やテーブル。
寝る際もまだ親子一緒です。

成長し、寝る部屋が必要となったら、子どもと相談し、子どもと一緒に部屋を考えていきたいと思っています。
オープンスペースが洗面所に行く動線上にあるので、例えば仕切りが欲しい(仕切りがなければ丸見えのオープンスペースなので)、ベッドが欲しい、仕切りはカーテンがいいとか…棚を作るとか…

親子で設計して、作ったり、組み立てたりしながらスペースを作ることになります。
その後また成長し、今度は子ども自身が自分で考えて作り直したりすることになるでしょう。

そういう過程も面白いのではと考えました。

子どもが成長し自立したら、そのスペースはまた変化していくかもしれません。またはそのままにしておくかもしれません。

子どもの成長による変化、家族のあり方、考え方の変化に対応できるように、子ども部屋はもちろん家全体を最初に作りすぎないようにしようと考えました。
[PR]
by matu-cafe | 2011-03-07 14:22 | マイホーム | Comments(0)