私の家作り 「住まい方を考えるー2実際の家を見学(3)」 NO.4

3 深川江戸資料館(東京都江東区)現在改装中

 館内には、江戸町人の暮らしと町並みを再現されています。
暮らしの細部まで作られており、季節ごとに調度品がかわる(その当時の人たちがそうしていたであろう)展示になっています。

 靴を脱いであがることができる家屋もあり、長屋の中まで入ることができるので、調度品、家財道具をより間近で当時の生活を感じることができます。
 また照明と効果音によって、1日のうつろい、季節感を感じることができ、気分は江戸時代にタイムスリップしたよう!

その当時の庶民の暮らしぶりを体験できるのはとても興味深く面白いです。家の内部に入り、広さや高さを実体験できることがとても勉強になりました。
江戸東京博物館とは全く違い、そこでは江戸全般の展示を見ることが多いのですが、この資料館は庶民の暮らし体験できるので、こじんまりしているのですが、私個人としては深川江戸資料館の方が親しみやすいです。

現在改装中です。どのように改装されるのか今から楽しみです。
[PR]
by matu-cafe | 2009-12-21 16:45 | 家作りのお話 | Comments(0)