人気ブログランキング |

私の家作り 「住まい方を考えるー2実際の家を見学(2)」 NO.3

2 川崎市立日本民家園(川崎市多摩区)
移築された東日本の代表的な古民家の野外博物館です。
のんびりとした里山の中に古民家や建物が25件あります。
f0147922_9294691.jpg

茅葺きの屋根、土間、板の間、畳…
生活スタイル、文化、自然環境…近年、急激に変化した日本を感じ取れます。

私の祖父の家(地方の農家)はまさに古民家でした。
玄関はなく、広い土間に農作業道具がおかれ、土間廊下で部屋が続いている。また土間続きの広い台所には大きいかまどがいくつも並んでいる。お蚕さまの棟がある。
古民家というとずいぶん昔のようですが、私の子ども時代に体験しています(何才!!)
落ち着く、懐かしい感じを覚えるのは実体験があるからでしょうか、日本人だからでしょうか。
黒光りしている柱や板をみると、家に対する丁寧な住まい方が受けとれます。
受け継がれ、永く住み続けられた住まいには、家の歴史(冠婚葬祭)=人々の歴史があり、それがその家にぬくもりやあたたかさが更に加えられて家の味わいと感じるのかな、などと思いをはせます。
f0147922_9293388.jpg

昔ながらの暮らし方は日本ならではのアイディアがたくさんつまっています。
プランを考える際に数度訪れ、土間とリビングの高さ、座ってみたり、と実際に確認しています。
f0147922_9295865.jpg

見学シリーズ続きます。
by matu-cafe | 2009-12-11 10:41 | 家作りのお話 | Comments(0)